お金を借りる

即日ですぐお金を借りたい場合に覚えておくことは?

 

「即日にお金を借りたい!」そんな時に頼りになるカードローンといえば、大手消費者金融です。

 

大手の消費者金融でしたら、指定された曜日や時間帯内に申込・契約が完了すればその日に融資を受けることも可能です。

 

ではすぐにお金が必要な時に気をつけるべきことを簡単にご説明していきましょう。

 

まず、当日中にキャッシングをする方法はいくつか挙げられます。

 

ここでは消費者金融を例にしますが、店舗窓口、自動契約機、インターネット申込みなどがあります。

 

お近くに店舗や自動契約機があれば、身分証明証を用意して出向くことで、すぐに審査が行われ、審査通過できれば即日カードが発行されます。

 

各金融業者によって異なりますが、原則50万円までは収入証明書不要と言う場合が多いようです。

 

しかし、場合によっては必要になることもあるので、予め用意しておくと良いでしょう。

 

また自動契約機の場合は、事前にインターネットで申込みをしておくと、さらにスピーディーなカードローン申込みをすることが出来ます。

 

インターネット申込み後、自動契約機では手続きが減るので、即日借入の締め切り時間に間に合いやすくなるというわけです。

 

インターネット申込みの場合、平日のお昼頃までには申込みを済ませておくことで、指定口座に振り込み融資をしてくれる消費者金融も中にはあるようです。

 

多くの銀行振り込みは午後3時までですので、時間に余裕を持って申込みするようにしましょう。

 


 

主婦の家事の中の1つとして重要なポイントを占めている「買い物」。

 

例えば、料理の食材をデパートやスーパーに買い物に行ったり、家族の衣類・洋服なども買いに行かなければなりません。

 

そんなときクレジットカードがあれば、今は多くの業者が「ポイントサービス」などを提供しているので、普通に買い物するよりも断然お得です。

 

では、そんな主婦の人はジャックスのクレジットカードを発行することはできるのでしょうか?

 

主婦の方といっても、専業主婦さんやパート勤務の主婦の方もいますが、パートなどで働いていて「自分の収入が毎月安定してある」という場合であれば発行は可能なようです。

 

専業主婦さんの場合だと、旦那さんにちゃんと毎月安定収入があるのかどうかが確認され、旦那さん名義などで発行される場合が多いようです。

 

しかし、過去にカードローンやクレジットカードを持っていて、返済が遅れたことがあったりとブラックな履歴がある場合は、ジャックスカードに限らず審査に落とされてしまうことは多いようです。

 

もちろん、そういった経歴がない場合でも、審査に実際申し込んでみないことには「100%審査通過できる」ということはありません。

 

その点をよく注意した上でジャックスに申し込むのがいいでしょう。

 

 

アコムのACマスターカードは年会費無料!

 

ちなみに、「とにかく急ぎでクレカが欲しい!」「年会費は無料がいい!」という主婦の人は、「アコムのACマスターカード」のほうがオススメです。

 

ジャックスの場合、年会費がおおよそ1,250円ほどかかってしまう場合があります。

 

しかし、「アコムのACマスターカード」は年会費が無料です。

 

家計を任されている主婦の人手あれば、「アコムのACマスターカード」のほうがお得なのは明白ですよね。

 

また、とにかく急ぎでクレジットカードを発行して欲しいのであれば、「アコムのACマスターカード」はむじんくんを使えば即日発行も可能です。

 

ただし、即日発行するためには「むじんくんの営業時間内」に契約をすべて済ませなければならないので注意しましょう。

 

このようにジャックスカードも良いですが、アコムのACマスターカードも違ったメリットがあります。

 

自分に合った便利なクレジットカードを選ぶようにしましょう。

 

 

アコム ACマスターカード

 

 

 

 

ここの記事をお読みいただいているということは、貴方は公務員としてお仕事をされているのでしょう。

 

そんな公務員の方が急にお金が必要になり、万が一持ち合わせが無かった場合には、消費者金融のカードローンでお金を借りる方法がオススメです。

 

他にも銀行系のカードローンでキャッシングをするという方法もありますが、銀行のカードローンは比較的審査が長引く傾向が多いようです。

 

金利が低く、総量規制対象外という大きなメリットのある銀行系カードローンですが、急いでお金が必要という場合は少し向いていないかも知れません。

 

このことから、条件を満たせば即日キャッシングも可能な消費者金融のご利用をオススメします。

 

公務員は一般的な社会人と比較して景気に左右されることなく給料をもらうことが出来ますし、また夏と冬にボーナスも出ます。

 

このことから公務員は世の中で最も安定した収入を得ている業種ということになります。

 

消費者金融側からしてみれば、公務員は返済能力が高いと判断される場合が多いのではないでしょうか?

 

審査基準はどんな職業でも平等ですが、公務員でしたら比較的有利なのかも知れません。

 

もちろん、職場や勤務先へ在籍確認電話がありますが、担当個人名で電話をかけてくれる場合が多いので、同僚や上司に消費者金融の利用がバレてしまうことはあまりないでしょう。

 

しかし、過去にブラックリストに載った経歴があったり返済遅延の事実があるのであれば、なかなか審査通過は難しいかも知れません。

 

よく自分の過去の経歴を把握した上で審査に申し込むようにしましょう。

 

ただ単に整体師と言いましても、自営業としてご自分で整体院を持ち収入を得ていたり、また一人の整体師としてどこかの整体院に務めている方もいらっしゃるでしょう。

 

どちらにしてもちゃんと働いているのであれば、整体師として毎月安定した収入を得ていますので、消費者金融や銀行などのカードローンでお金を借りることは審査上出来ます。

 

そもそもカードローンというのは、返済能力がちゃんと認められれば利用することはできる場合が多いようなので、業種はあまり関係ないようです。

 

アルバイトの整体師でもちゃんと毎月収入が安定していれば問題ありません。

 

とにかく定期的な収入があることが絶対条件といえるでしょう。

 

他にも満20歳以上という年齢条件もありますのでご注意ください。

 

それでは整体師の場合、申込み書への職種はどう書けば良いのでしょうか?

 

もちろんそのまま整体師で問題ありません。

 

そこに勤務先を記入します。

 

その勤務先で本当に働いているのかをカードローン会社の担当者が電話をして確認します。

 

ちなみに自営業の場合は在籍確認電話では意味がありませんので、カードローン申込みをするためには確定申告書の写しなどの収入証明書が必要となります。

 

自営業では借入金額に関係なく必ず収入証明書が必要なので、事前に準備をしておきましょう。

 

また金融業者によっては、自営業で無くとも50万円以上の借入には収入証明書が必要になりますのでご注意ください。

 

「今すぐに10万円を用意しなければいけないのに、貯金が無くてどうすることも出来ない!」

 

給料日前などに急な出費が発生すると大変ですよね。

 

筆者も同じような経験は何度もあるので、そのピンチになった状況、よくわかります。

 

でも慌てないでください。

 

10万円程度でしたら、条件をクリアしていればカードローンで当日中に即日借入することも可能です。

 

例えば、銀行や消費者金融です。

 

銀行の提供しているカードローンというのは、その名の通り銀行の個人向けフリーローンのことです。

 

そして後者は大手の消費者金融となります。

 

銀行系カードローンは安心感があり、利息が低いというメリットがありますが、どうしても審査が時間がかかってしまうこともあるようです。

 

その点、消費者金融は決められた時間内・曜日で契約が完了し、審査に通ることが出来れば当日キャッシングすることもできるようです。

 

その日のうちに現金を手にすることが出来ますし、限度額10万円でしたら、アルバイトやパートでも審査上は借入の可能です。

 

ただし、これまでのキャッシングで返済遅延などを何度か繰り返していたり、多重債務状態ですと断られてしまうことがあるのでご注意ください。

 

もし、急な出費でお金が必要という場合は消費者金融のカードローンのほうがオススメですね。